Gold Farming とICT4D

このブログでも元ネタとして良く使わせてもらっているICTs for Developmentというブログで、Gold Farmingについての記事がありました。Gold Farmingというのは、ネットゲームでのアイテムを販売することを意味する言葉。自分はゲーム自体をほとんどやらないため、正直詳しくないのですが、ネットゲームでのレアなアイテムなんかを他のユーザに販売して現金を得るビジネスがあるのは聞いたことがありました。eBayなんかのオークションサイトでゲームのアイテムが売られているようです。あと、Gold Farmingとはちょっと違うけど、ゲームのプレイヤーのレベルを上げるアルバイトなんかもある。

ゲーム会社の意向は置いておいて、このGold Farmingが途上国に済む人々が現金収入を得る手段となる可能性があるということを、ICTs for Developmentブログは指摘している。確かに、先進国でゲームのアイテムが販売されている価格と途上国での物価水準を考えると、ビジネスとして「ありえる」ような気がする。Gold Farmingと途上国開発についての研究はまだあまりされていないようですが、ICT4Dの一側面として面白いテーマだと思う。

“Gold Farming とICT4D” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です