ベトナムにおける即戦力IT人材育成のための教育環境強化事業

2013年末になるが、JICAが草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)として採択した事業の中に、”ベトナム・ハノイにおける即戦力IT人材育成のための教育環境強化事業”という、ICT4D(または、ICT for Education)と言える事業があった。

出典: JICA
採択した事業の概要紹介
地域活性化特別枠の説明

出典: (特非)札幌ITフロント
実施団体による事業紹介のページ

ベトナムはオフショア開発委託先としても日系IT企業も数多く進出ており、その意味では民間企業の活動との整合性が気になるところ。プロジェクトページを読む限り、”特定ツールや、ライブラリなどの技術に依存したことを教えるのではなく、概念レベルの理解まで昇華させること“(札幌ITフロント)と言われており、短期的なITのテクニックを教える目的ではなく、ICTの体系的な理解や応用力も含めて、底の深いICT4D人材を目指す模様。