国境なき医師団がR&D Specialistを募集

ICTとは直接関係ありませんが、JICAの求人情報サイトPARTNERに出ていた、国境なき医師団のR&D Specialist募集が面白い。研究職の募集ですが、研究対象は 3Dプリンター、ロボット工学、無人航空機等。既に締め切られている募集です。

一見、医療とは関係なさそうな最先端技術の名前が並んでいますが、「感染症拡大と戦うドローン」というような話もあり、実は案外研究が進んでいるのかもしれません。

他の援助組織も、最先端技術の利用を真剣に考えないと、あっという間に世界の潮流からおいていかれそう。

以下、PARTNERから引用です。

<目的>
研究開発スペシャリストは人道援助のロジスティクスに資する日中韓の市場機会を捉え、援助活動の要求に即した技術・ロジスティクスプロジェクトを運営する。当該プロジェクトの成果は、活動地の状況に応じて調整され、妥当性も検証・確認し技術ソリューションに結びつけられる。

<主な業務内容>
1.(15%)日本の産業界・研究機関の太陽エネルギー・3D印刷・ロボット工学・無人航空機分野の技術動向を俯瞰的に調査・観察する。
2.(70%)太陽エネルギー・コールドチェーン・3D印刷・ロボット工学・無人航空機分野の新規の機器・仕様・技術の研究開発。