ueda のすべての投稿

世銀がビックデータxIoTのセミナーを開催

世銀本部で、ビッグデータとIoTのセミナーが開催されます。開催は日本時間で4月16日(木)午前2時~3時30分。ドローンやマイクロ衛星と言っているので、IT技術者としては見ておきたいところだけど、何しろ日本時間の深夜だからなぁ。
出典:世界銀行

【世界銀行ライブ:より強靭な未来のためのビッグデータ】開発におけるリスク回避や強靭性の向上に関する政策決定を行う際、ビッグデータや「モノのインターネット」化をどのように取り入れていくかについて議論します。また、データビジュアライゼーション…

世銀がIT職を大量募集

世銀東京事務所のFacebookで、世銀のIT関連職種募集の告知がありました。全文引用しますが、出典は世銀東京事務所のFacebookです。「IT分野の経験を活かした国際貢献にご興味がある方へ」というタイトルに個人的にぐっときました。海外の国際機関だとこの手のIT職種の募集が数多くあるのに、国内の機関ではほとんどないのが残念。
世界銀行東京事務所

【IT分野の経験を活かした国際貢献にご興味がある方へ】
世界銀行グループでは、IT関連職種の募集を行っております(勤務地:ワシントンDC、チェンナイ、等)。
勤務地と締切日は、募集職種によって異なりますので募集要項をご覧ください。多くの方のご応募をお待ちしております。

応募詳細はこちら(英語):http://ow.ly/L3Bhm

 

 


JICAインターン募集開始

残念ながらITとは直接関係がありませんが、国際協力機構JICAでインターンの募集が始まっています。応募締切は5月7日(木)。JICAのプロジェクトの現場にインターンできる大変珍しいインターンなので、国際協力、国際協力にに関心のある学生の方はぜひ応募をご検討ください。学生ではない、医療職(医師、看護師、助産師、保健師)を対象としたインターンもあります。

JICAプレスリリース:

2015年度JICAインターンシップ・プログラムの募集を開始しました。大学生、大学院生、医療職(医師、看護師、助産師、保健師)を対象に募集します。是非、ご応募ください!


JICA情報システム室専門嘱託の募集

ネタはあったにも関わらず、何か月もブログを更新をしていませんでした。先日、リアル世界でブログを見ている人にお会いして、更新が滞っているのを反省した次第です。

PARTNERに、JICA情報システム室の専門嘱託の募集が出ています。以前最後に募集があったときから、約1年と半年振りくらいで、本当に久しぶりすね。業務詳細はリンク先に記載されていますが、以下の業務を担当するポストとのこと。

業務内容:

  1. 各業務担当部門が主管する各種の業務システム(経理、事業管理、人材派遣、研修員受入等)の開発・運用に係る実施監理に対する支援

  2. 業務システム全体最適化(2014年度~2018年度)に係るプログラム・マネジメント

  3. 業務システムが共通して使用するデータベースの開発及びハードウェア基盤の整備監理

  4. 組織内の共通IT基盤整備・保守運用の実施監理

このポストは、国際協力の経験より、ITの経験が重要です。JICAの情報システム室は、いわゆる情報システム部門なので、国際協力の現場に直接出るわけではありませんが、IT分野の人が国際協力の世界を勉強するには最適です。

JICA情報システム室の、JICA内の位置づけは、JICAのWWWページの各部概要を見ましょう。

専門嘱託のため、任期は最大で3年。締切は4月22日。IT業界の人は、検討して見ましょう。


PARTNER掲載の情報システム部門の要請

JICAの求人サイトPARTNERで、IT関連の募集が2つ出ています。いずれも、情報システム部門の要請で、興味のある方がいればどうぞ。

  1. 独立行政法人日本スポーツ振興センターの情報管理コーディネーター募集(~2014/11/28)
  2. 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)のIT担当募集(~2014/12/08 )

1の要請元である、「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局」に何か見覚えがありましたが、安倍総理がオリンピック誘致のIOC総会で大々的に打ち上げたコンセプト「スポーツ・フォー・トゥモロー」を実現するために文部省が組織した事務局ですね。

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局では、オリンピックにむけて事務局を立ち上げ、強化しているようで、他にも情報通信技術に関わるスタッフとして情報処理技術者(ユーザサポート)と情報処理技術者(システム開発)を募集していますので興味があれば見てみましょう。


国境なき医師団がR&D Specialistを募集

ICTとは直接関係ありませんが、JICAの求人情報サイトPARTNERに出ていた、国境なき医師団のR&D Specialist募集が面白い。研究職の募集ですが、研究対象は 3Dプリンター、ロボット工学、無人航空機等。既に締め切られている募集です。

一見、医療とは関係なさそうな最先端技術の名前が並んでいますが、「感染症拡大と戦うドローン」というような話もあり、実は案外研究が進んでいるのかもしれません。

他の援助組織も、最先端技術の利用を真剣に考えないと、あっという間に世界の潮流からおいていかれそう。

以下、PARTNERから引用です。

<目的>
研究開発スペシャリストは人道援助のロジスティクスに資する日中韓の市場機会を捉え、援助活動の要求に即した技術・ロジスティクスプロジェクトを運営する。当該プロジェクトの成果は、活動地の状況に応じて調整され、妥当性も検証・確認し技術ソリューションに結びつけられる。

<主な業務内容>
1.(15%)日本の産業界・研究機関の太陽エネルギー・3D印刷・ロボット工学・無人航空機分野の技術動向を俯瞰的に調査・観察する。
2.(70%)太陽エネルギー・コールドチェーン・3D印刷・ロボット工学・無人航空機分野の新規の機器・仕様・技術の研究開発。