カテゴリー別アーカイブ: IT技術者

JICA沖縄が情報通信技術分野の専門嘱託を募集

JICA沖縄で、IT分野の受け入れ研修にかかる専門嘱託が募集されています。実際の研修を行う人ではなく、研修を立案、コーディネートする人の募集です。詳しくは、JICAの国際協力キャリア総合情報サイトPARTNERの、専門嘱託(情報通信技術分野)募集を参照してください。

沖縄県で、JICA沖縄が実施するIT分野の研修事業全般に関わる要請です。「企業・官公庁・団体等における職務経験が5年以上あること。特に、システム開発等の情報通信分野の業務経験と、国際協力に関わる実務経験があること 」が望ましいとのことです。

同じ情報ですが、JICA沖縄の人材募集のページにも募集内容が掲載されています。JICA沖縄の、発展途上国からの人材受け入れ研修についてはJICA沖縄の研修事業紹介ページを参照するのが良いでしょう。

2014年度の情報通信分野の研修では、e-Governmentや情報通信政策、ICTセンター関連等の研修が予定されていますね。まさに、発展途上国のICT for Development(ICT4D)を強化する人材育成と言えるでしょう。

青年海外協力隊経験歓迎となっていますので、任期を終え帰国した、ICT4Dを志すコンピュータ技術隊員やPCインストラクター隊員は応募を検討してみたらいかがでしょうか?


【技術顧問主催】元JOCV IT隊員大同窓会開催

JICA青年海外協力隊ボランティアのIT系職種の隊員OV向けの情報です。応募面接や技術補完研修でお世話になった方も多い、桜井技術顧問(コンピュータ技術)の主催で、来る10月18日(土)に元JOCV(Japan Overseas Cooperation Volunteers)の IT隊員の大同窓会が開催されます。

IT系の元JOCVが集まる機会は今までなく、近年では初めての試みとなりますので、IT系職種のコンピュータ技術やPCインストラクターのOVはぜひ参加をしましょう。

開催案内や応募方法は、 銀座さよならパーティー実行委員会の銀座さよならパーティー 開催案内を参照してください。以下は、実行委員会の告知文の一部です。


技術補完研修でお世話になったウチダ人材開発センタの銀座校が9月で閉鎖され、新しく両国に移転することになりました。更に、来年は協力隊創設50周年を迎えます。そこで、この機会に合わせてIT隊員の大同窓会を開催し、多くのIT隊員が巣だった銀座校に感謝するとともに、帰国隊員間の親睦と協力隊創設50周年記念に向けてIT隊員OVとして支援可能な活動についての意見交換をしたいと思います。


管理人も大同窓会には参加予定です。多くの IT系OVと当日会場で会えることを楽しみにしています。


IT系の開発コンサルタント会社

ICT4DのIT技術者として生計を立てるなら、IT系の国際協力プロジェクトを受注している開発コンサルタントの門をたたくのも選択肢に入ります。IT分野に強い開発コンサルタント会社は非常に少ないですが、過去の実績から2社をあげておきます。WWWに公開されていない話もありますので、コンサルタントを考えている方は一度訪ねてみはどうでしょうか?

株式会社Tokyo
http://www.tokyo-ict.com/

日本開発サービス
http://www.jds21.com/


JICAの情報サイトによるICT4D求人の探し方

ICTや情報通信技術に関わる国際協力の仕事につきたいと思った人が真っ先に見るべきは、JICAの国際協力キャリア総合情報サイト PARTNERです。

http://partner.jica.go.jp/RecruitSearchForPrsn
(職務分野で情報通信を選んで検索)

PARTNERでは、JICAの専門家、NPO/NGOの職員、国際関係の企業の求人が載っています。求人の掲載量が断トツに多いのと、情報通信技術分野を選んで絞り込み検索ができるので、IT技術者にとって大変便利。

また、求人情報の検索は、PARTNERに登録しないでも利用できますが、JICA専門家に応募する際はPARTNERへの登録が必須なので、登録だけは事前にすませておくのがお奨めです。


アジア開発銀行でシニアITオフィサーを募集中

日本が最大の出資国である、国際開発金融機関アジア開発銀行(ADB)の、Senior Information Technology Officerの募集。情報システム部門の求人です。勤務地はADBの本拠地フィリピンのマニラ。

日本は、アジア開発銀行に最大の出資をしており、日本人としては狙い目の国際機関かもしれません。

アジア開発銀行
http://www.adb.org/careers/adb-hr-14-0496


JICAの情報通信技術分野採用

JICAの社会人採用は年に1回、春~夏にかけて行われています。

IT技術者が狙うのは、開発課題の”情報通信技術”分野か,”情報システム”部門。前者はODAの情報通信技術案件にかかわることになり、後者はJICAの事業を支える情報システムの担当になります。

ICT4Dエンジニアを志すなら、JICAも選択肢のひとつです。