ミャンマー情報通信網改善計画に外務省が円借款供与へ

外務省から、ミャンマーの情報通網改善のための円借款供与について発表があった。平成24年度に実施した”通信網緊急改善計画”の円借款約17億円に引き続く、情報通信技術分野の円借款である。

ODAの円借款というのは、日本政府から発展途上国政府へ低金利、長期間の貸付を行う制度。一般的には、発展途上国は借り入れた資金でインフラを整備し経済を発展させ、借入金を返却する。

日本も戦後は、世界銀行から資金を借入れ、新幹線等の建設を行っていたことは記憶に残るところである。

本案件は、ICT4Dの中ではICTインフラ整備の位置づけとなる。経済活動に情報通信技術が不可欠な現代では通信インフラの整備も重要であろう。

出典:外務省 ミャンマーに対する円借款の供与について(事前通報)

■対象案件及び供与限度額
通信網改善計画 : 105億円

■対象案件の概要
ヤンゴン、ネピードー、マンダレーの主要3都市間の基幹通信網や国際関門局の強化、ヤンゴン市内通信網拡充及びインターネット接続環境の改善を図るもの。


「ミャンマー情報通信網改善計画に外務省が円借款供与へ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。