早稲田大学大学院三友研究室

前の記事で言及した早稲田大学大学院のオープンスクールに参加した。在校生の7割が外国籍のアジア太平洋研究科(gsaps)だけあり、コース紹介が日英両方で行われるのが印象的。三友教授が模擬授業を行っており、震災時における情報の役割や行動原理、ビッグデータの活用などを説明していた。

早稲田大学のWWWページに三友教授の授業の動画があり、そちらも参考になる。

早稲田コースチャネル
http://course-channel.waseda.jp/

ICT4Dというキーワードを直接使用していないが「国際協力や発展途上国の発展をICTにより支える」と言われるとおり、狙いはまさに ICT4D。

三友教授は、アジア・太平洋地域の通信網整備を行う国際機関のアジア・太平洋電気通信共同体(APT)にも参加しており、国際的な活動もされている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。