アメリカの博士課程の現状

こんにちは、Kanotです。2018年3月に、アメリカの政府機関が出したアメリカ国内の博士号取得状況に関するレポートを見つけたので、読んでみました。アメリカでの博士号取得にご関心ある方、他国と比較したい方はご覧いただけたらと思います。

ここからは、私が読んで( ´_ゝ`)フーンと思った点を箇条書きで共有します(カッコ内は私の呟き)。分野に関するものは、私の所属するSchool of Informationが社会科学と工学の間なので、その2つの分野を中心に書いています。

取得にかかる期間

  • 博士号取得にかかる期間の中間値ですが、教育学が12年程度、人文系は9年、社会科学は8年、工学系でも7年。(うーん・・・長い!!!。私は4年目なので、中間値ですらあと4年ですか・・。)

    人数・国籍

  • 年間6万人が博士号取得。上昇傾向だったが、ここ数年は落ち着いている。
  • 全体の75%が理系で、その差は年々広がっている。
  • 取得者のうち62%程度がアメリカ人、38%程度が外国人。
  • 外国人取得者の50%が中国人、23%がインド人、15%が韓国人、と続き、日本は3%程度で第9位。(私の肌感覚もその程度ですね。日本がんばれ!)
  • 性別では62%程度が男性、38%が女性
  • アメリカ人の中の比率では、工学系はアジア系アメリカ人が1位、教育系ではアフリカ系アメリカ人が1位。(理系でアジア系が多いのはイメージつきますが、教育学部でアフリカ系が1位というのは意外です。なぜ??)
  • 理系、特にコンピュータ科学と工学では外国人比率が高まっており、コンピュータ科学では半数以上が外国人。(確かに理工学部図書館は中国人とインド人で溢れてます。)

経済面

  • 博士号取得には時間がかかるので、資金は大きな問題なのですが、30%が研究助手、28%が奨学金、22%が講師助手、自費は15%。(皆さんあまり知らないのですが、アメリカの博士課程は自費で来ている人はほとんどおらず、だいたいは大学に助手として雇われながら研究をしています。)

卒業後

  • ポスドクに進む割合、工学や社会科学デは4割程度
  • 工学分野の卒業後の初任給の中間値は、ポスドク60,000ドル、大学70,000ドル、企業125,000ドル。
  • 社会科学分野の卒業後の初任給の中間値は、ポスドク42,000ドル、大学60,000ドル、企業95,000ドル。
  • 外国人で博士号取得後、アメリカ内で就職する率は8割程度。
  • 博士号取得の年齢の中間値は32歳程度。31−40歳が増加傾向。

まとめ

やはり驚くのは、なんといっても期間、、ですね。工学や社会科学でも7−8年、教育分野は12年とか・・・。博士過程への進学にはそれなりの覚悟が必要ですね。これを読んでも進学にご興味ある方、いつでも相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

おまけ

この記事に使っている画像ですが、PhD Comicsという博士課程の学生の日常(あるある)を皮肉たっぷりに描いたマンガで、とても面白いです。書籍化・映画化もされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください