いろいろとSNSサイトがありますが、自分が登録しているLinkedinってSNSからお知らせが来た。誰かがメッセージを送って来たらしい。「怪しいなぁ~」と思ってみて見たら、真面目なメッセージが。 エドワードという英国人か …

OLPCについてのブログを見ていたら、OLPC Newsというブログにオイラの故郷エチオピアの話が。 OLPCのアイデアの基には、構成主義(Constructionism=子供たちが何かを為し作ることを通して学ぶという教 …

世銀のブログでこんなのが。 OLPCプロジェクトに学生インターンとして参加出来るらしい。 世界中から大学生のチーム(全部で100チーム?)がOLPCを使ってアフリカの田舎で子供達に学びの機会を提供するってのが、この趣旨。 …

世界銀行のブログでMobile for Developmentに関する面白い記事を発見。タイトルは、”From mobile banking to mobile money making” 簡単に …

ウガンダで携帯電話が農民の生活を改善するのに役立っているという話がguardian.co.ukに載ってました。 これまで田舎の農民達は、十分な交通手段が整備されていないため、遠く離れた町に行き農作物の市場価格をチェックす …

ICTlogyというICT4D関連のブログ(by Ismael Pena-Lopez氏)を読んでいたら、面白い記事を発見。 携帯電話が途上国開発のツールとして注目を集めていますが、Development Cooperat …

以前、このブログでも話題に上がったOLPC (One Laptop Per Children)。 色々と議論のある中で、ちょっと感じることを書いてみます。 前回のMakiの投稿にもあったように反対派の意見としては、 ◆わ …

前回の「参加型開発とICT4Dプロジェクト(その1)」の続きです。 2008年夏、2003年から2005年まで青年海外協力隊として活動していたエチオピアの田舎の高校へ訪れた。 修士論文でエチオピアの遠隔教育プロジェクトを …

途上国開発プロジェクトを成功に導く為には、被益者となる人々の参加を促すことが重要といわれている。 いわゆる、参加型開発という考え。彼らがプロジェクトに参加すれば、本当のニーズもわかるしオーナーシップも生まれやすい。結果的 …

Socail Network Service(SNS)といえば、Mixiがすぐ思いつく。外国だと、MySpaceやFacebookが有名どころか。 ある調査によれば、世界の代表的なSNSの登録者数は13億以上!! まぁ、 …