こんにちは、狩野(Kanot)です。ネット上で面白い記事を見つけたので、翻訳してみました。引用元はこちらです。 ————引用ここから——&#8212 …

読みにくいタイトルですみません、Kanot(狩野)です。最近読んでとても面白かった本に、「ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来」という本があります。ITを活用して未来国家さながらの国家 …

こんばんは、Kanotです。もう2018年も終わりですね。今年もICT for Development. JPをご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。せっかくなので、2018年に読まれた記事トップ5を紹介したいと …

こんにちは、Kanotです。アフリカ東部にある小国ルワンダ、皆さんご存知でしょうか? おそらくこのブログをご覧になっている皆さんであれば、ルワンダと聞くと「聞いたことない」、「えっ、あの虐殺の?」に加えて「なんかICTで …

ICTDに関連する研究者である外山健太郎(Kentaro Toyama)氏(ミシガン大学のAssociate Professor)の著書「Geek Heresy: Rescuing Social Change from …

最近自分の中で熱いトピックとして、電子政府(公共サービスのIT化)による透明化のメリットとデメリットというのがある。というのも、バングラデシュのICカード導入プロジェクトでは料金徴収の透明化に成功したわけだが、それと同時 …

ガーナの現地新聞を読んでいると、ちょいちょいICT関連記事が目にとまります。例えば、今日(9月4日)の新聞には、以下のような記事がありました。 財務省の使っている予算管理システム(Ghana Integrated Fin …

世界銀行のICT Sector UnitとinfoDevがBroadband Strategies ToolkitというWebコンテンツを発表した。資金を出したのは韓国(Korean Trust Fund)だそうで、コン …

たまには固いタイトルでの投稿を。 途上国支援に携わっている方はご存知と思うが、ミレニアム開発目標(MDGs)という開発分野に関する国際社会の共通目標の達成に向け各国・援助機関等がプロジェクト等を行ってきている。2000年 …

国際開発ジャーナルの記事で、「USAIDがクラウドソーシング」というものがあった。なんだろ?と思って読んでみると、USAIDが都市開発プログラムなどで、白地図上に一般のボランティアから、色々と情報を書き込んでもらって、情 …