インド

アカデミック

国際学会ICTDのProgram Committee Memberになりました

こんばんは、Kanotです。先日紹介した2019年1月にインドのアーメダバードで開かれる、第10回国際学会ICTD(ICT and Development)のProgram Committee Member(運営・審査委員)に推薦していただ...
SDG

ICT4DのDevelopmentとは?

ども、Tomonaritです。マンチェスター大学のRichard Heeks教授が、APC (Association for Progressive Communications) というNPOのブログポスト「Inside the Info...
アジア・大洋州

ICT4D分野は、この先10年位が一番面白いかも

先週、「大企業のBOPビジネス卒業式~BOPビジネスの幻想とSDGsへのバトン~」という勉強会に参加しました。インドで苺栽培に取り組むNEC、インドでビジネス創出のプラットフォーム構築に取り組むリコー、クロスフィールドの留職プログラムも使い...
データ

Structural Data Justice(データ活用の妥当性)

久しぶりにManchester大学のWorking Paperを読んでみた。「A Structural Model and Manifesto for Data Justice for International Development」と...
アジア・大洋州

アフリカはインドよりもICT環境が良い!?

英国オックスフォード大学にあるInternet InstituteでICT4D関連のリサーチャー募集中という情報をキャッチしたのでWebでチェックしてみたら、これがなかなか面白そうな内容。サブサハラアフリカにおけるデジタル・ワーク(IC...
アカデミック

ICT4Dが学べる大学リスト

こんちは。ここ最近、神戸情報大学院でICT4Dの講義をさせていただき、大忙しでブログを更新してませんでした。写真はガーナからの遠隔講義です。ガーナからなのにテレビ会議システムの映像が思いのほか鮮明!で、技術のすごいなあと、改めて感動しま...
アジア・大洋州

インパクト・ソーシングの形態

ここ最近、このブログでも取り上げたインパクト・ソーシング(以下、IS)についての2つのレポートを読んでみました。1つは先日の「新興市場戦略としての”インパクト・ソーシング”」でも紹介されていたMonitor社(ロックフェラー財団支援)の"J...
アジア・大洋州

新興市場戦略としての”インパクト・ソーシング”

先週に「インパクト・ソーシング(以下、IS)」関連調査等を含めインドに出張しました。先の投稿でも言及あったRualshore社を含め大〜小規模のIS事業者にお会いしました所、折角なので(相当久々なのですが)投稿させて下さい。 4年前、この...
ビジネス

IT Sourcing for Development: International Workshop@マンチェスター大学

ICT4D修士コースを提供しているマンチェスター大学が、「IT Sourcing for Development: International Workshop」という会議を10月に開くということで、現在、論文募集中です(7月11日締切)。...
Uncategorized

インドの通信会社による女性支援

昨今よく記事で見かけるのが、インドの女性差別、特にレイプの事件である。これまでこういった事件はあまり問題にならなかったが、最近ようやく取り組むべき課題として政府を中心に動きが出てきたところである。 そういった背景の中で、通信会社が女性サポ...
タイトルとURLをコピーしました