ブックレビュー

オンライン・コミュニティ

ICT4Dの教科書10選

ども、Tomonaritです。タイに来ています。ご飯が美味しい~。 さて、かつてComputer AidのCEOを務めていたTony Robert氏(今はサセックス大学の研究員)が自身のブログに「Top Ten Books on D...
アカデミック

FACTFULNESSとD4D(Data for Development)

どもTomonaritです。最近、面白い本を読んだので紹介です。その本は、 「FACTFULNESS ー10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣ー」。 この本の著者ハンス・ロスリング氏については、自分もあまり知ら...
ガバナンス

未来国家エストニアの、つまらなくない未来と選挙速報

読みにくいタイトルですみません、Kanot(狩野)です。最近読んでとても面白かった本に、「ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来」という本があります。ITを活用して未来国家さながらの国家運営をしているエスト...
アフリカ

mundi 「アフリカ・イノベーション特集(2019年2月号)」は必見!

こんばんは、Kanot(狩野)です。JICAの広報誌「mundi」の2019年2月号の特集は、ズバリ「アフリカ イノベーションで未来を変える」です。 結構内容は盛りだくさんで、特集の目次は以下の通りです。アフリカ中の事例が、写真・イラ...
アカデミック

ICT4Dの教科書が出版されました

以前、このブログでも紹介したマンチェスター大学のHeeks教授が執筆するICT4Dの教科書ですが、気がついた発売されていました。早速、Amazonで購入してみました。これから読まねば! この本は教科書を想定した構成にな...
ブックレビュー

Geek Heresy日本語版「テクノロジーは貧困を救わない」

以前、このブログでも紹介した外山健太郎氏の「 Geek Heresy: Rescuing Social Change from the Cult of Technology」の日本語訳版が発売された。日本語タイトルは「テクノロジーは貧困...
イノベーション・新技術

セミナー情報「世界開発報告(WDR)2016:デジタル化がもたらす恩恵」@東京世銀オフィス

これまで本ブログでも何度か取り上げてきた世界銀行が2016年1月に発行した「世界開発報告(WDR)2016:デジタル化がもたらす恩恵」について、6月9日に東京の世界銀行オフィスにて世界銀行・JICA研究所共催でセミナーが行われるとのことで、...
ブックレビュー

WDR2016から気になる情報まとめ —世界銀行がITを2016年の主要テーマに(その3)—

世界銀行のWorld Development Report 2016のテーマが「Digital Dividends」であり、その内容については、これまでも何回がネタにしてきました。今回は、このレポートから気になる情報や今度何かのときに使...
ブックレビュー

世界銀行がITを2016年の主要テーマに(その2)

前回のKanotの投稿「世界銀行がITを2016年の主要テーマに」について、コメントを書いていたら、あまりに長文になってしまったので、別トピックとして投稿することにしちゃたTomonaritです。 Kanotの投稿はとても勉強になる投稿っ...
ブックレビュー

世界銀行がITを2016年の主要テーマに

世界銀行によるWorld Development Reportが2016年1月に発行された。2016年のタイトルは「Digital Dividends(デジタル化の恩恵)」となっており、「経済開発におけるITの役割」がレポートのテーマになっ...
タイトルとURLをコピーしました