アカデミック

アカデミック

「デジタル技術と国際開発」オンラインコース・システムデザイン編開催!- 情報に価値を生むシステムデザインとは? –

ICT4D Labでは、マンチェスター大学MSc Digital Development (旧: ICTs for Development)の教科書とも言える「Information and Comunication Technology for Development (リチャード・ヒークス教授著)」を翻訳し、書籍「デジタル技術と国際開発」を出版しました。そして、本書の解説と事例に基づいたディスカッションによる理解の促進を目指し、7月2日に第1回オンラインコース(トライアル)を開催しました。
SDG

SDGs版 人生ゲームで再認識したアナログ教材のポテンシャル

所属する金沢工業大学のSDGs推進センターとタカラトミーが共同で「Beyond SDGs 人生ゲーム」を開発し、教育機関に無償配布することになりました。
アカデミック

ICT4D研究の終焉?!

そもそもICT4D研究はどんな前提や希望に根ざしたものだったか?その根底となる前提条件が今はどう変化したのか?そして、その変化を踏まえて、「それでもICT4D学術研究ってやる意味あるの?」という問いに答えるSilvia Masiero氏というオスロー大学の先生が書いた論文の紹介。
アカデミック

マンチェスター大学Digital Development修士コース 体験記

久々に「ICT4D留学・進学情報」の更新です!
アカデミック

「デジタル技術と国際開発」第1回オンラインコース開催!オニオン・リング・モデル×遠隔教育から見えてくるものとは…?

書籍「デジタル技術と国際開発」の内容が学べる第1回オンラインコースを7/2に開催しました!Socio-technicalアプローチというICT4Dの基本的な考え方や「オニオン・リング・モデル」に関する説明、さらには、エチオピアにおける遠隔教育を題材にしたグループワークの様子を”ちょこっと”ご紹介します。
アカデミック

オンライン出版イベントを行いました!

はじめまして、ICT4D Labメンバーの北村(あ)です。 先週、5月14日(土)にオンライン出版イベントが開催されました。70名以上の方にご参加して頂きました!パチパチ。土曜の夜にも関らず沢山お集まりいただき、誠にありがとうござい...
アカデミック

Podcast配信!ICT4D教科書出版インタビュー【後半記事】

「デジタル技術と国際開発」の出版に際して、翻訳・出版活動をリードしてこられた竹内さんにインタビューを行い、Podcastで配信しています。竹内さんとヒークス先生との出会いから、そのユニークな翻訳作業の裏話、苦労した点などを2回に分けてお伝えしていきます!
アカデミック

Podcast配信!ICT4D教科書出版インタビュー【前半記事】

「デジタル技術と国際開発」の出版に際して、翻訳・出版活動をリードしてこられた竹内さんにインタビューを行い、Podcastで配信しています。竹内さんとヒークス先生との出会いから、そのユニークな翻訳作業の裏話、苦労した点などを2回に分けてお伝えしていきます!
タイトルとURLをコピーしました