アカデミック

アカデミック

今さら聞けないインパクト評価とRCTを解説してみました

最近では国際開発業界でもよく聞かれるようになったインパクト評価およびランダム化比較試験(通称RCT)について、統計や経済学を学んだことがない人向けに、ざっくり解説したいと思います。
アカデミック

ICT4D教科書翻訳プロジェクト【002】Chapter1翻訳完了!

9月下旬に本格開始したICT4Dの教科書を翻訳するというプロジェクトですが、コツコツと進んでいます!Chapter1の翻訳(初稿)が完了したここらで、苦労話を書いてみます。
アカデミック

アジアのICT4D学生・若手研究者向け3日間スクール

IPIDというICT4D関連の大学院生のコミュニティのアジア支部が、アジアのICT4D関連学生・若手研究者向けに3日間のオンラインスクール(無料!)を開催するそうです。この分野のイケてる研究者からの話も聞けます。
アカデミック

Twitterで論文を140字でまとめるチャレンジ実施中

いきなりですが、論文って読むのめんどくさいですよね。日本語で読んでも難しいのに、英語だとさらに読む気なくしますよね。そして読んでもメモを残さないとすぐ忘れてしまいますが、まとめるのも面倒ですよね。 そんな私(Kanot)ですが、少し...
アカデミック

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その3】

世銀WDR2021「Data for Better Lives」コンセプトノートに記載されている「データを国際開発に活用する事例」をまとめてみました。
アカデミック

ICT4D教科書翻訳プロジェクト【001】本格始動!

Richard Heeks教授が2018年に書いたICT4Dの教科書を日本語翻訳してみたいという野望から1年以上が経過し、「やるやる詐欺」的なICT4D翻訳プロジェクトですが、とうとう本格始動しました〜!
アカデミック

Adverse Digital Incorporation:デジタルエコノミーには参加出来たが・・・

7月7日に行われたWebSci’20 Workshop: Digital (In)Equality, Digital Inclusion, Digital HumanismというICT4D分野のオンラインイベントで、マンチェスター大学のH...
アカデミック

ルワンダのICT Innovationの可能性と課題に関する論文が掲載されました!

「Bottlenecks of ICT Innovation in Rwanda」というタイトルでICTD 2020というICT4Dに関する国際学会でプレゼンをしましたので、発表スライドを使いながら、簡単に報告をしたいと思います。
アカデミック

レイシスト(人種差別主義者)と誤解されないための英語表現

ついつい言い切り方になってしまう英語表現のせいで、あなたも知らないうちに差別主義者だと思われているかもしれません。それを避けるための英語表現についてまとめてみました。
アカデミック

ICT4Dの基本に立ち返ろう(おまけ)

ども、Tomonaritです。先ほど、ICT4D Lab公開勉強会の最終日が終わりました〜。とても楽しい4回の勉強会でした。詳しいレポートは追って投稿することにしますが、今回は前回投稿した「ICT4Dの基本に立ち返ろう」のオマケとして、も...
タイトルとURLをコピーしました