アカデミック

アカデミック

「面白がれる」というスキル

最近、色々な方とキャリアや人生観の話をするんですが、社会人の重要な要素の一つとして、よく言われるコミュニケーション能力やら論理・分析力よりもっと、「面白がれる力」っていうのが実はとても大事なんじゃ、とすごく感じます。
アカデミック

PhDは社会を良くするためにあるべきだ

PhD制度は崩壊の危機にある。多くの研究が、現実世界ではなく閉鎖的な研究者コミュニティを向けたものになっている。その壊れたシステムを軌道修正しよう。というメッセージのガーディアン誌の記事を紹介します。
アカデミック

FACTFULNESSとD4D(Data for Development)

どもTomonaritです。最近、面白い本を読んだので紹介です。その本は、 「FACTFULNESS ー10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣ー」。 この本の著者ハンス・ロスリング氏については、自分もあまり知ら...
アカデミック

世界銀行「Data-Driven Development」説明会に行ってみた

こんにちは、Kanot(狩野)です。世界銀行が2018年11月に発表したレポート「Data-Driven Development」のモーニングセミナーがあったので、参加してみました。(朝苦手なので前日夜は申し込んだことを後悔しましたが・・)...
アカデミック

アメリカの博士課程の現状

こんにちは、Kanot(狩野)です。2018年3月に、アメリカの政府機関が出したアメリカ国内の博士号取得状況に関するレポートを見つけたので、読んでみました。アメリカでの博士号取得にご関心ある方、他国と比較したい方はご覧いただけたらと思います...
アカデミック

最近の若者は・・・・こうやって学ぶ

こんばんは、Kanotです。いきなりですが、皆さん、自分が知らないことを勉強することになった時、どうやって自習していますか? 例えば「ゲーム理論」について勉強する必要が出てきたと想像してみてください。どうやって自習しますか??10秒間...
アカデミック

Design-Reality Gapsは「あるある話」

ども、Tomonaritです。ICT4Dの話ではないですが、自分への戒めも込めて・・・。 今年も神戸情報大学院大学でICT4Dの講義をやらせてもらっています。2013年から続けて早いもので6年目。今年は例年よりも自分の自授を履修してい...
アカデミック

ブロックチェーン for Developmentの全体像

ども、Tomonaritです。途上国開発や社会的インパクトのためにブロックチェーンを活用した取組みは沢山あり、個別の事例についてのニュースはかなりありますが、全体像がわかる情報には出会えてない…という人は多いのではないでしょうか。 今...
アカデミック

歴史は繰り返す(キャスタリア セミナー その②)

ども、Tomonaritです。8月1日のキャスタリアのセミナー「Tech Africa Vol.1 アフリカ最重要問題「教育」をテクノロジーサイドから語る」について、その②として、テクノロジーと教育という観点で書きます。 まず、キャスタリ...
アカデミック

途上国の、途上国による、途上国の為のICT4D

毎年開かれているICT4D系の国際会議の1つ「The 15th International Conference on Social Implications of Computers in Developing Countries」の論文...
タイトルとURLをコピーしました