CSR

アジア・大洋州

ICT4D分野は、この先10年位が一番面白いかも

先週、「大企業のBOPビジネス卒業式~BOPビジネスの幻想とSDGsへのバトン~」という勉強会に参加しました。インドで苺栽培に取り組むNEC、インドでビジネス創出のプラットフォーム構築に取り組むリコー、クロスフィールドの留職プログラムも使い...
アフリカ

Samsungの太陽光発電を使ったDigital Villageがガーナにも登場

先日、ガーナのローカル新聞を見ていたらICT関連の記事が2つ並んでいて目にとまりました。1つは、「TIgo launches mobile digital library」という記事。ガーナで第3位のシェアを占める携帯会社TIgoが、移動式...
アジア・大洋州

インパクト・ソーシングの形態

ここ最近、このブログでも取り上げたインパクト・ソーシング(以下、IS)についての2つのレポートを読んでみました。1つは先日の「新興市場戦略としての”インパクト・ソーシング”」でも紹介されていたMonitor社(ロックフェラー財団支援)の"J...
アジア・大洋州

新興市場戦略としての”インパクト・ソーシング”

先週に「インパクト・ソーシング(以下、IS)」関連調査等を含めインドに出張しました。先の投稿でも言及あったRualshore社を含め大〜小規模のIS事業者にお会いしました所、折角なので(相当久々なのですが)投稿させて下さい。 4年前、この...
ビジネス

IT Sourcing for Development: International Workshop@マンチェスター大学

ICT4D修士コースを提供しているマンチェスター大学が、「IT Sourcing for Development: International Workshop」という会議を10月に開くということで、現在、論文募集中です(7月11日締切)。...
ビジネス

LinkedInのVolunteer Marketplace機能開始から考えるICT4D

LinkedIn が新しいサービスを開始したというニュースを見た。Volunteer Marketplaceというサービスで、ボランティア業務が検索可能になるというもの。CSR的な目的や職探しをしていない人達でもLinkedInを使うよ...
ビジネス

アフリカの携帯アプリについて

ケニアの庶民の足として使われているのはマタツというミニバス。ワゴン車にギュウギュウ詰めになるほどお客を乗せて、ナイロビを走る。そんなマタツがひしめくナイロビ市内は、なかりの渋滞らしい(←マタツについて書いてある、あるブログより)。自分はナイ...
ビジネス

USAIDとIBMとNGOが組んでボランティアプログラム

USAIDとIBMとCDC Development SolutionsというNGOが手を組んで、現職参加の社員を様々な国に送り、医療や教育システム、技術インフラ、都市開発をボランタリーにやりましょうという提携を結んだとのこと。 IBM...
ガバナンス

ICT4D ―解決すべき課題とは―

先日、このブログに以下の質問がコメントで寄せられました。 「途上国でのICT支援において、当該国政府が解決すべき問題にはどのようなものがありますか?また、それに対して日本の政府機関やNGOは何が出来るでしょうか?」 なんとでも回答できそ...
ビジネス

ICTと雇用: ソーシャルアウトソーシングPart2

前回、ソーシャルアウトソーシングによる 貧困削減と雇用創出という記事を書いた。 最近、Richard HeeksのBlogに”BoPsourcing: Fighting or Fueling Inequality?”という投稿があり、なんと...
タイトルとURLをコピーしました