1. 地域別

アカデミック

子供への投資は幼少期(しかも5歳まで)が一番効果的、ってホント?

「5歳までの投資は、人生の他のステージの投資に比べて1.5倍から5倍の利益がある」という世界銀行のTwitterを見つけましたが、この主張の根拠はどこにあるのでしょうか?Heckmanの論文などから読み解いてみたいと思います。
アフリカ

アフリカのイケてるAIスタートアップ100社はこれだ!

アフリカのAIスタートアップの分布図ですが、色が濃いところが関連企業が多い国ということになります。アフリカでAI企業が多い国は、上から順に、南アフリカ、ナイジェリア、チュニジア、ケニア、エジプトです。チュニジアが上位に来るというのが少々意外です。
アカデミック

日本でICT4Dカンファレンスをやってみたい!

ICT4Dのカンファレンスを日本で開催できないかと企画をはじめました。研究者と実務家の垣根を取っ払い、色々な関係者が混ざって議論できるような場にできないかと考えています。
アジア・大洋州

スマホの次に流行るのは・・・ガラホ!?

高額である・操作が難しい、というスマホの特性を補うのが、スマートフィーチャーフォンとのことです。確かに電気の不安定な国では、電池の長持ちするスマホに対する需要は非常に高いはずで、ガラホがその役を担う潜在的な可能性はあったのだなと改めて気づきました。
3. その他

アフリカ プログラミング教育ツアー

ども、Tomonaritです。ルワンダ出張→インドネシア出張を終えて、日本に帰ってきたら、超暑い・・・。自宅のハムスターのために毎日、自分が家にいない時もクーラー付けています。 さて、ちょっと面白いツアーのご紹介です。その名も「アフ...
アフリカ

アフリカ政府を停滞させている「専門家」たち

どのように専門家コンサルタント集団がアフリカの政府を停滞させ続けているか、についてシエラレオネのチーフ・イノベーション・フィサーが書いた記事を紹介します。
アフリカ

エチオピア国IT人材育成プロジェクト開始!?

ども、Tomonaritです。3連休ということで自宅で一杯やりながら、ほろ酔いでブログを書いています。 きっかけ 自分が国際開発の仕事に関わるきっかけは、2003年にエチオピアへ海外青年協力隊で行ったことでした。IT科目の教師...
アジア・大洋州

VRをカンボジアで!?ラストマイルワークス株式会社

カンボジアのイノベーションハブFactory、そこに入居している日本企業であるラストマイルワークス株式会社を紹介します。まさに途上国xテクノロジーを地で行っている会社です。不動産VRを手がけています。
アジア・大洋州

カンボジアのクリエイティブ・ハブ「Factory Phnom Penh」紹介

カンボジアの首都プノンペンのクリエイティブ・ハブである「Factory Phnom Penh」に来ています。プノンペンの南に位置するこのFactory、敷地とポテンシャルがすごかったです。久々に大興奮で見学してきましたので紹介いたします。
アフリカ

【求人】JICAアフリカ部でTICAD関連(STI含む)

JICAの求人情報です。ICT関連としては「科学技術イノベーション(STI)」がそれに該当します。直接ICTのプロジェクトを動かすポジションではなく、アフリカ広域のSTI案件のデータを集めたりマクロな視点で見る業務です。
タイトルとURLをコピーしました