アメリカの博士論文審査会ってどんな感じ?

アカデミック

こんにちは、Kanotです。みなさん、アメリカにおけるPhD課程の博士論文の審査会(通称:ディフェンス)ってどのような感じで行われるのかご存知でしょうか?おそらくあまりイメージのわかない方が多いのではと推測します。

実は、この記事を書いている前日(2021/10/22)に私自身の博士論文審査会が終わったところです。そのため、記憶の新しいうちに私の体験を(思い出も兼ねて)残しておきたいと思います。日記調(ルポ調?)かつ長文ですが、ご容赦ください。

ちなみに、この経験談はアメリカという特定の国、University of Michiganという特定の大学、そしてSchool of Informationという特定の学部での審査会の話ですので、どの程度一般的化できる話なのかはわかりませんので、その点はご了承ください。

博士課程の後半〜審査会まで

私が審査会に進んだのは、博士課程に入学してから7年目に入った頃でした(長っ!)。博士課程の後半に入ってくると、同じPhD生の中でも「いつ頃卒業するよ?」という話が出てきます。基本的には博士課程の学生に対して「いつ頃、卒業予定なんですか?」と聞くことはタブーとされていますが、同じPhD生や同期であればこのような話題にはよくなります。

ちなみに、その質問がタブーとされている理由は、PhD生が卒業するためには、研究状況、論文出版状況、就職状況、指導教官との関係など、複雑かつコントロールできない要素が絡み合っていて「卒業時期?そんなの自分が一番知りたいわ!」とみんな思っているからです。

さて、私の学部の場合ですが、基本的には博士論文がある程度仕上がった段階で、指導教官の許可を得て、まず就職活動を開始します。就職活動の許可が出るということは「論文がある程度仕上がっている」という指導教官からのサインにもなります。そして、どこかの大学・企業・組織から内定をもらうと、その就職時期に合わせて卒業できるように博士論文を仕上げて、審査会に臨むということになります。

こう聞くと、「審査会に通らなかったら内定取り消し?リスク高くね?」と思う方もおられるかもしれません。実はアメリカの博士論文審査会は、基本的にはほぼ全員合格します。意外に思うかもしれませんが、これには理由があって、博士論文が合格となるクオリティになっていない限り、指導教官が審査会に進めるGOサインを出さないからです。

補足:ここでいう「ほぼ全員合格」というのは審査会に進むところまで持って行けた人は「ほぼ全員合格」するという話であり、博士課程に入った人が「ほぼ全員合格」するわけではありません。 こちらの記事によると、アメリカで博士課程に入学した人のうちPhDを取得するのは56.6%であったとのことでした。一方、私の感覚値ですが、このPhD取得率については大学・学部ごとの文化によって大きく変わる印象で、私の学科では7〜8割程度がPhD取得までたどり着き、途中で去る人も、ほとんどが2〜3年目までに「研究よりビジネスがしたい」などの理由で去ることが一般的です。

そのため、博士課程の学生は、就職活動と並行して博士論文を書き上げ、いつでも審査会に臨めるように指導教官のレビューを繰り返す必要があります。

私の場合は、なんだかんだ約1年くらいかけて博士論文書き上げ&書き直し期間を経て、指導教官に審査会に進めるGOサインを取り付けたあと、忙しい審査委員(私の場合は4人の教授)の空いてる時間を調整し、審査会の約1ヶ月前に、審査の日が決まりました。

コロナ禍ということもあり、審査会を対面にするかZoomにするか選べたのですが、Zoomの方がマスクをしない分、質疑応答が楽だったり、手元のメモを見やすかったりする一方、対面の方が「面白いだろうな」という感覚があり、審査員が全員ミシガンに住んでいることもあり、対面で実施することにしました。また、子供たちに審査会の雰囲気を体験させてあげたいというのも対面を選んだ理由の一つでした。

その後、審査会の10日前までに審査委員に博士論文を提出し、審査会の3日前までに各委員が評価をシステム上で入力します。その結果は審査委員長(指導教官)が見ることができて、その結果をもとに、審査会を予定通り開催するか、延期するか、中止するかを審査委員長が決めます。

つまり、審査会を予定通り開催するという判断がなされた場合、基本的には合格するであろうという意味合いを持つことになります。

また、審査会という名前にはなっていますが、(ミシガン大学の場合は)一般公開イベントとして開催され、研究結果をプレゼンし、みんなでその人の博士号取得をお祝いしようという色の強いイベントです。わざわざPRチームがこんなバナーも作ってくれました。

こう書くと、「じゃあ勝ち戦じゃないか。楽勝じゃん。」と思う人もいるかと思いますが、実はかなりストレスのかかるイベントです。まず、あくまで審査会であり、100%通るわけではないため、落ちたら洒落にならないという強いプレッシャーがあります。そして、審査会では40分のプレゼンに加えて、40分近くの長〜い質疑応答があり、ここで博士論文をレビューし終えた審査委員(教授陣)からの質問攻撃があります。発表者はこの質問攻めを防御し続ける形になるため、審査会は「ディフェンス(防御)」と呼ばれています。

そのため、質問にまともに答えられなかったら、「やっぱりもう一度出直してこい」という判断に変更される可能性がないとも限りません。

特に留学生である自分としては、英語のハンデもあり、「質問を正しく聞き取れるか?」「質問を正しく理解できるか?」「質問に正しく回答できるか?」という内容&語学の両方で非常にプレッシャーのかかるイベントになっています。

そのため、審査会の前に2回ほど予行練習としてPhD生の仲間たちなどに参加してもらって、プレゼンスライドへのコメントや質問をしてもらいました。そして、私はあまりプレゼン時に想定問答集というのは作らないのですが、今回は恐怖の質疑応答が待っているので、想定問答集もかなり念入りに作り、審査会の直前までそれを見ていました。

そして審査会の前日には、会場となる講義室と同じ機材・椅子配置である部屋で、一人リハーサルを行いました。ちなみに、この「同じ機材・椅子配置の部屋ならリハーサルとしてOKだろう」という考え方が甘かったことを、審査会の当日に思い知ることになります。

そして、前日に指導教官と最後の打ち合わせがあったのですが、ここでスライドに修正が入り、夜の10時頃に「直しました。ご指摘のイメージに合ってますか?」とメールをすることになるなど、最後の夜までバタバタしていました。

そして、審査会の当日を迎えます。

審査会の当日〜開始まで

前日の昼寝を我慢して眠気を溜め込み、しっかり7時間睡眠を取り、朝7時頃、目を覚ましました。普段は朝ごはんを食べない生活をしているのですが、この日は13時から審査会ということで、9時頃に朝昼兼ねて、なんとなくエネルギーになりそうな納豆ご飯を味噌汁付きで食べました。(アメリカでは納豆は貴重かつ高いので、勝負メシという感覚です(笑))

審査会での服装は「なんでもいいよ」と指導教官から言われていましたが、先輩の審査会に参加した際はスーツを着ていた記憶があり、多少かしこまってシャツにジャケット、下はチノパンという感じで少しフォーマルっぽくした服装で行くことにしました。(移動が自転車だったので、スーツはやめました。)

服を着替え終えて指導教官からのメールを開くと、スライド修正案に対して「Looks good!」というコメントがあり、スライドが最終確定。確定したスライドと想定質問リストをもう一度眺め、審査会の1時間半前から予約してある講義室に向かい、自転車で家を出ました。

10月下旬ということでとても紅葉が綺麗な景色で、青空と紅葉の美しいコントラストの写真も撮りつつ「いやぁ、最高の景色だなぁ。」と思いながら自転車を漕ぎました。

そして、予定通り会場入りし、プレゼンの準備開始です。プロジェクターの電源をつけ、スクリーンを下げ、ノートパソコンとの接続を確認します。

スライドを映してみると、なんか画面がやたらと眩しいことに気がつきます。「あっ、ライトが全部つけっぱなしだった。教室前面のライトを消そう。」と思って電灯のパネルのところに行くと、なんと「ライトは消せません。新しいコントローラーをオーダー中ですので、触らないように。」と書いてあるではないですか(つまり故障している)。

「やばい」と焦り始めました。すぐさまテクニカルサポートチームに電話するも、どうしようもないとのこと。そして他の教室にも空きがなく、部屋の変更も難しいとのこと。一瞬頭が真っ白になりかけましたが、冷静にスクリーンを見てみると「まぁ見づらいけど見えないことはないし、このまま行くか・・」と思い直し、予定通り続行することに。

こちらの写真が、まさにライトが消せない中でプレゼンを強行している様子です。(参加いただいた皆さま、見づらくてすみませんでした・・)

これはもうまさに初歩的なミスでして、「必ずその会場で予行練習しておけ」という教訓に尽きます。同じセッティングの部屋で予行練習しておけばよいだろうと、会場の1階上にある全く同じ配置の部屋で前日に練習したのですが、この辺のアメリカのテキトーさを甘く見ていました。

想定外はまだ続きます。それぞれの講義室にはレーザーポインターが置いてあるのですが、この電源が入らない・・・。しかし、電池切れは十分に想定内。予備の電池と取り替えようと電池エリアの蓋を開けてみると、なんと電池の一つが液漏れ?でくっついており、電池が取り出せない状態になっていました(これも質の低い海外製の電池あるある)。これには結構がっくり来て、再度、その部屋で予行練習をしなかった自分を悔いました。

そこで、念の為にと自分のレーザーポインタを持ってきていたので、それを試してみることに。しかし、電灯が消えないせいで画面が明るく、レーザーポインタの赤い印がほとんど見えません。さすがに焦り始めました。

やむなく、ノートパソコン上のカーソルをレーザーポインタ代わりにし、操作しながらプレゼンをする方向に急遽変更しました。この辺の機材管理の緩さは、本当にアメリカらしさを甘く見ていました・・。

なんだかんだと妥協はしつつも準備が整い、少しずつ参加者が増えてきました。ミシガン大学では博士論文審査会は一般公開イベントということで、コロナ禍での対面開催にも関わらず、同僚のRobert, Amna, Brinda, Bonnyといったメンバーが参加してくれたり、日本人仲間でもNoriさんやMaryさんが参加してくれたり、家族(妻、長男、次男)も駆けつけてくれ、それなりに人数が集まったところで審査会が始まりました。

審査会、本番

私の論文審査委員は4人。全員ミシガン大学の教員で、私の所属するSchool of Informationからは、ICT4D系の研究者として指導教官のKentaro Toyama教授、2番目の指導教官であるJoyojeet Pal准教授、そして経済学系のTanya Rosenblat教授。加えて、ミシガン大学のルールで委員のうち一人は学部外から選ぶ必要があり、心理学部のRamaswami Mahalingham教授を交えた4人構成になりました。

先生方は、ここもアメリカらしさなのですが、服装はまちまちで、うち2人の指導教官は普通にジーパン姿でした。日本だとさすがに、公式な審査会にジーパンで参加することは、ありえないのではないでしょうか・・。

まず審査会の冒頭に、今回の審査委員長である私の指導教官から、審査会の流れの説明がありました。おおまかな説明は以下の内容でした。

  • 冒頭に審査対象者(私)からのプレゼンが40分ほどあり、その後に30-40分の質疑応答があること。
  • 参加者からもプレゼン後に質問は可であること。
  • 質疑応答後は、一旦参加者には外に出てもらって、審査委員だけで合否判定協議が行われること。
  • その後、全員部屋の中に再度入ってもらい、審査の結果発表があること。

そして、ついに、私のプレゼン開始です。まず、冒頭に「ライトのトラブルで画面が見えにくくてすみません」と謝ることから開始しました。

プレゼン中、チラチラと観覧者を見たところ、子供たちが目に入ってきました。次男は完全に下を向いており、「こいつは全く聴いてないな」とちょっと笑いそうになりましたが、集中力を切らさないように、あまり余計なことは考えないようにしました。後から妻に確認したところ、次男は早々に「理解できない」と諦めて三国志を読んでいたとのこと。長男はわからないながらも聴こうとしてくれていたとのことです。

そんなかんなでプレゼンは予定通り約40分で終了しました。これは何度か練習したので、概ねイメージ通り終わらせることができました。

ここからが恐怖の質疑応答です。この質疑応答は、リスニングの問題と内容の問題と大きく2つの要素があります。まず、(当たり前ですが)みんな英語をペラペラ話す上、コロナ禍でマスクをしているので、口元が見えないかつ声がこもるという、非常に厳しい状況での戦いでした。

そのため、リスニングには通常以上に全集中し、助言なのか批判なのか質問なのか、質問だとしたらいくつあるのかなどを並行して把握しなくてはなりません(実際、声が聞き取りづらく、質問者にジリジリと近づきながら聴いていましたので、質問者は「なんでこいつ、どんどん近づいてくるんだ?」と恐怖を感じたかもしれません)。そしてそれと同時進行で返答の内容も考える必要があります。この作業はまさに命懸けでした。妻も後方の座席で聞いていたのですが、「長々とコメントも含めて話す上、複数の質問が混じるので、全く理解不能だった」と言っていました。

質疑応答に向けて、事前に自分の中で決めていたことの一つは、「わからなかったら遠慮せずに聞き返す」ということでした。

審査委員からの発言が始まると、コメントには頷きつつ、どのトピックについて話をしているのかを把握しつつ「my question is..」というキーワードを待ち構えます。そして「…, then my question is…」が来たら全集中して質問内容を理解することにパワーを注ぎました。

質問内容を理解できた場合は、想定問答集の中にあれば頭の中で検索をかけつつ、想定外の質問であれば答えを考えながら話の続きを聞きます。母国語だとこれら作業も同時にできるのですが、英語だとまだまだ修行が必要のようで、頭と耳と手(メモ)を同時に働かせることは難しかったです・・。

ここで委員からの発言が終わる場合は、そこで質問内容に回答するなり、わからなければ聞き直すなりすればよいので、まだ余裕があります。

厄介だったのは、その人のコメントが、「Then, my second question is…」のように続く場合です。この場合は1つ目の質問を忘れないようにしつつ、その答えを考えつつ、かつ2つ目の質問を聞き取らねばならないという、ノンネイティブにはほぼ不可能と思われる三重苦を同時に対処する必要があります。

今回もそのパターンで質問してきた委員がいました。この日は、「わからなかったら聞き返す」を心に決めていたので、2つ目の質問に続いた場合は、その質問は聞き流し、1つ目の質問にどう回答するかだけ考えました。そして、その委員が発言を終えた後に、1つ目の質問に回答し、その後に「すみません、それで2つ目の質問ってなんでしたっけ?」と聞き直す作戦を取りました。

その作戦でなんとか乗り切ることはできましたが、ほんとに頭がパンクしそうになったので、自分が将来、論文審査委員になったら、ネイティブ・ノンネイティブに関わらず「質問は一つずつしてあげよう」と心に決めました。

そんな感じで苦行である質疑応答が続きます。もう心の中はずっと「この質問で最後であってくれ!」と思っていました。そして一通り委員からの質問が終わった後(20分後くらい?)指導教官が会場の観覧者に質問を振ります。日本だとあまりこう言った場で委員以外は質問しない気がしますが、ここはアメリカ。何人か手をあげて質問してきましたくれました。

この時に感じたこととして、審査委員からの質問に比べて、観覧者からの質問ははるかに答えるのが楽だったという点を挙げておきたいと思います。なぜなら、審査委員は私の博士論文を読んで、それを踏まえて専門的な視点から質問をしているのに対し、観覧者は私のプレゼンを聞いて不明だった点を質問してくるので、ほとんどが論文に書いてある内容もしくは想定質問で考えていた内容で、「なぜInterventionのトピックにXXを選んだのか?」とか「あなたの研究結果はX国以外でも一般化できるのか?」「なぜその研究手法を選んだのか?」といった内容でした。

そんなこんなで、なんとか恐怖の質疑応答が終わり、指導教官から観覧者に向けて「一旦全員部屋の外に出てください。審査に入ります。そして約20分後くらいに呼びに行きますので、お時間ある方は部屋の近くで待っていてください。その後、結果発表します。」とアナウンスがありました。

私も逃げるように会場の外に出ようとすると、審査委員長から「君はまだ残って。追加質問がある」と呼び止められ、私と審査委員だけが部屋に残りました。

この時は、少しリラックスした感じで、博士論文の最終版としてどのような点を修正するべきかといった話、私のスライドについて委員間で意見交換が行われること、などが10分程度続きました。もうこの頃には、私はほぼ燃え尽きていて、データの解釈について審査委員間で意見を交わしていた時などは、メモを取るふりをしつつ、ほぼ頭には入ってきませんでした。

そして、その後、委員だけで審査結果を検討するため、私も退室を促されました。

部屋を出ると、同僚と家族を中心に、観覧者が10人くらい残ってくれていて、残ってくれた一人一人にお礼をいいつつ、審査結果が出るのを待ちました。

数分後、審査委員長が「全員部屋に戻ってください」と連絡があり、全員が元の席につきました。

そして、審査委員長から、「Congratulations! Dr. Kano!」と発表があり、無事、合格が告げられました。とにかくホッとしたこともあり、その後も委員長は何かコメントをしていましたが、全く記憶にありません。

通常(コロナ前)だと、この後、ちょっとした打ち上げとして指導教官がシャンパンを用意してくれたりするのですが、コロナ禍で教室内での飲食が禁止されていたこともあり、残った人で記念撮影をしてお開きになりました。

以下の写真は私と審査委員たちの写真です。(撮影時だけマスクを外しました。)

以上が、審査会の長い長い2時間の審査会(ディフェンス)の様子でした。

くたくたになって帰宅したら、家族が近所で買ったタピオカミルクティーを用意してくれていて、かつご近所の日本人が、お祝いにとクッキーを持ってきてくれました。

余談:子供の反応

最後に余談ですが、審査会の前日、子供たちに一つクイズを出していました。それは、「審査会に合格したら、私に対する呼び方がどう変わるのか?それを注意して聞いてみよう。」というものでした(答えはミスターからドクターに変わる)。帰宅後に子供に確認したところ、子供たちは「多分、Tsuyoshiだったのが、Tsuyoshi-sanに変わったところじゃないか?」と答えていました・・・。残念!

ちなみに、合格が確定した時の子供たちの反応は、小5の次男は「よしっ、これで日本に帰れる!」で、中1の長男は「日本に帰ると中学校でテストがあるよなぁ、不安だなぁ。」と対照的だったそうです。(アメリカの小中学校では、順位をつける試験がありません。)

今回、せっかくの機会なので学校を休ませて子供たちを審査会に連れて行ったのですが、何かしらアメリカの記憶の一つにこのイベントが残り「あの時、親父がよくわからないことを教授陣の前でプレゼンして、お祝いされてたな」と覚えてくれたいいなぁと願っています。

そして、偶然ですが、この日は妻の誕生日でもあり、例年とは一風変わった誕生日プレゼントになったんじゃないかなと思います。

日記のような内容かつ個人的な内容になってしまいました。ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました!

ニュースレターはじめました。テクノロジーと国際開発(ICT4D)に関する新規ブログ記事・海外ニュース・イベント情報などを月1〜2回発信しています。以下フォームからご参加ください。詳細はこちら

Kanot
フォローする
アカデミック
スポンサーリンク
ICT for Development .JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました