イノベーション・新技術

アカデミック

GoogleとFacebookがアフリカでAIを学ぶ修士コースを支援

ども、Tomonaritです。ICTWorksに Apply Now: FREE Masters Degree in Artificial Intelligence for Africans というタイトルで、アフリカでAIを学ぶマスター...
アフリカ

アフリカにおける第4次産業革命の可能性

ども、Tomonaritです。African Develpment Bank (AfDB)がアフリカにおける第4次産業革命(4th Industrial Revolution: 4IR)の可能性についての報告書「Potential of ...
イノベーション・新技術

AIやロボットに仕事を奪われるのは大人

ども、Tomonaritです。ICT4D関連での講演や授業をすることはちょいちょいあるのですが、2月15日(土)に中央区城東小学校というところで、父兄向けに「中央区家庭教育学習会:~2020年のプログラミング教育小学校必修化に向けて~」と...
アジア・大洋州

Podcast Fairly.fm に登場(翻訳こんにゃくに着実に近づいてますね)

TomonaritとKanotの二人で、Fairly(フェアリー)というポッドキャストに出させていただきました。Fairlyは、フェアー(公平)な社会づくりをビジョンに、国際協力、開発協力、社会起業、NPO/NGOなどに携わる方々と組織や個人の取り組みなどについて話す社会派Podcastです。
イノベーション・新技術

国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その3)

ども、Tomonaritです。以前、投稿した「国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題」(その1)、(その2)の続編です。 今回は、国際開発を担うJICAのような援助機関に求められる役割について考えてみました。 1....
イノベーション・新技術

国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その2)

ども、Tomonaritです。先日の「国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その1)」の続編です。イノベーションについては相変わらずモヤモヤしているのですが、ここ最近、偶然にも見聞きした以下いくつかのことから、少し考える...
イノベーション・新技術

国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その1)

ども、Tomonaritです。ここ最近良く耳にする「オープン・イノベーション」について、改めて理解を深めようと思い、「オープン・イノベーションの教科書」(星野達也著)という本を読んでいます。 というもの、ここ最近、国際開発業界で...
アフリカ

急成長のアフリカTech Hub、なんと600拠点超え!

アフリカのTech Hub、なんと2019年には618拠点という驚異的な規模に成長しています。その成長率、なんと前年比40%増です。詳しくは以下の図を見ていただくとわかりますが、トップ5はナイジェリア、南アフリカ、エジプト、ケニア、モロッコです。
イノベーション・新技術

3Dプリンタで途上国に家を建てる!!

3Dプリンタで開発途上国に家を建てるというまさにイノベーションなプロジェクトが進行しています。百聞は一見に如かず、まずは冒頭の動画をご覧ください。
アジア・大洋州

バングラデシュ人IT技術者が日本に就職することはバングラのためになるのか?

こんにちは、Kanot(狩野)です。先日、e-Educationの三輪さんがゲスト参加していたポッドキャストFairly.FM(私が先日参加したものはこちら)にて、主催者のいつろーさんからの「バングラデシュ人のIT技術者が日本に行くことは...
タイトルとURLをコピーしました