データ

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その2】

世銀のWDR2021「Data for Better Lives」コンプセプトノートから、気になる情報&いずれどこかで使いたいフレーズなどをまとめて見ました。
データ

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その1】

世界銀行が毎年出しているWorld Development Reportの2021年版はData for Developmentがテーマです。タイトルは、「Data for Better Lives」。気になる点をピックアップします。
アカデミック

ICT4D教科書翻訳プロジェクト【001】本格始動!

Richard Heeks教授が2018年に書いたICT4Dの教科書を日本語翻訳してみたいという野望から1年以上が経過し、「やるやる詐欺」的なICT4D翻訳プロジェクトですが、とうとう本格始動しました〜!
キャリア・求人

マンチェスター大学ICT4D留学卒業生座談会(Behind the ICT4D Lab)ICT4D 004

ICT4D専用チャンネル「Behind the ICT4D Lab」に、マンチェスター大学のICT4D修士コースを卒業したメンバー4名で「卒業生座談会」を配信しました〜!
アナウンス

「国際開発ジャーナル9月号」にDX関連記事が掲載されました

「協創」の時代へという特集の一部として、注目分野の潮流としてのDXについて書いた記事が掲載されました。ブロックチェーンの国際機関での活用事例やDXへの教訓、そしてコロナ以降のODAなどについて私見を述べています。
オンライン・コミュニティ

機械学習を使って難民の移動を予測してみた by PeaceTech部【005】

PeaceTech部ではこの度、「機械学習を使って難民の移動を予測する」プロジェクトを始めました。
キャリア・求人

日本でICT4Dを学べるチャンス!

神戸情報大学院大学(KIC)のICTイノベータコースを無償で受けられるチャンスと「SDGsイノベーション道場」のご案内
オンライン・コミュニティ

One Japanハッカソンでオンラインディスカッションが楽しくなるWeb会議アプリ「言霊くん」を開発した話

ICT4D Labメンバー有志5名で、One Japanハッカソンに参加して、オンライン会議が楽しくなるWeb会議アプリ「言霊くん」を開発したので、そのレポートをまとめました。イベントの3日間でどう取り組んだか、何を学んだかについてお伝えしたいと思います。
オンライン・コミュニティ

機械学習を使って難民の移動を予測してみた by PeaceTech部【004】

PeaceTech部ではこの度、「機械学習を使って難民の移動を予測する」プロジェクトを始めました。
アフリカ

コロナ禍のモバイルデータからの行動分析@コンゴ

コンゴ民主共和国で、携帯電話の利用データ等を活用してCOVID-19に伴う人口移動分析を行った。官民連携してモバイルデータ活用を五段階に分けて検討をし、人口移動のダッシュボードを作成することでCOVID-19対策に貢献した。
タイトルとURLをコピーしました