Nokia、フィンランド、infoDevのパートナーシップ

 久しぶりの投稿のTomonariです。引越しやら仕事が変わるやらで、ドタバタしてました。。。
 InfoDevのWebサイトに、ノキアとフィンランド政府と共に、11,900,000ユーロ(約14.5億円)のプログラムが開始されるという記事がありました。この3者のパートナーシップは、携帯電話を途上国(アフリカ、アジア、欧州・中央アジアの3地域)の開発に活用していくということをテーマにして発足。主な計画は以下の通り。

  • 3地域に携帯電話アプリケーション開発の研究所を設立し、各研究所で10個のアプリを開発する
  • 3地域に、携帯電話、起業、各種産業の情報交換の場としてのソーシャル・ネットワークを構築する
  • モザンビーク、タンザニア、ベトナム、カンボジア等の国々で、農業とICT分野における小規模ビジネスの育成促進、技術的支援を行う
  • ベトナム、カンボジアにおける女性企業家の市場競争力の強化を支援する
  • 欧州・中央アジアにおいて、国境を跨いだインフラ整備や民官連携を促進させる
  • 第四回InfoDevグローバルフォーラム(2011年)の開催
  • 農業や村落開発におけるICT活用のための資料やツールを作成する

 盛り沢山な内容ですね。携帯電話と途上国開発を見事にビジネスとしているノキア。そして、それをサポートするフィンランド政府。以前、このブログでも紹介した、中国の通信業者ZTEと資源外交でアフリカに進出する中国政府をふと思い出しました。途上国開発、BOP、民官連携ってのは、切っても切れない関係になって来た感がありますが、特にICT4D分野では顕著な傾向になってますね。

“Nokia、フィンランド、infoDevのパートナーシップ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です