tomonarit

アフリカ

GoogleとIFCが「e-Conomy Africa 2020」報告書を発表

アフリカのインターネット経済が2025年までにアフリカ大陸の国内総生産(GDP)の5.2%に達し、約1,800億ドルの経済貢献をもたらす可能性があると試算
アフリカ

エチオピアの天才プログラマー:Betelhem Dessie

エチオピアの天才プログラマーがすごい!という記事が日経新聞に出ていたので紹介です!
キャリア・求人

JICAのICT4D人材募集とキャリアセミナー

JICAのICT4D人材募集(2つの特別嘱託というボジションの公募)とICT/DX分野での国際開発を仕事にしたい人向けキャリアセミナー
アカデミック

ICT4D教科書翻訳プロジェクト【002】Chapter1翻訳完了!

9月下旬に本格開始したICT4Dの教科書を翻訳するというプロジェクトですが、コツコツと進んでいます!Chapter1の翻訳(初稿)が完了したここらで、苦労話を書いてみます。
アナウンス

JICAがアイデア募集中!「アフリカに躍進を!ひと、技術、イノベーションで」

このところ援助機関や民間企業による、『社会課題解決のための斬新なアイデア募集します!』というイベントが目白押しですが、先日JICAが「Africa Open Innovation Challenge」という企画でアイデア募集を開始しました。ベナン、ガーナ、ザンビア、セネガル、タンザニア、モザンビークといったアフリカ諸国が対象。
アカデミック

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その3】

世銀WDR2021「Data for Better Lives」コンセプトノートに記載されている「データを国際開発に活用する事例」をまとめてみました。
データ

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その2】

世銀のWDR2021「Data for Better Lives」コンプセプトノートから、気になる情報&いずれどこかで使いたいフレーズなどをまとめて見ました。
データ

世界銀行 World Development Report 2021「Data for Better Lives」Concept Note【その1】

世界銀行が毎年出しているWorld Development Reportの2021年版はData for Developmentがテーマです。タイトルは、「Data for Better Lives」。気になる点をピックアップします。
アカデミック

ICT4D教科書翻訳プロジェクト【001】本格始動!

Richard Heeks教授が2018年に書いたICT4Dの教科書を日本語翻訳してみたいという野望から1年以上が経過し、「やるやる詐欺」的なICT4D翻訳プロジェクトですが、とうとう本格始動しました〜!
キャリア・求人

マンチェスター大学ICT4D留学卒業生座談会(Behind the ICT4D Lab)ICT4D 004

ICT4D専用チャンネル「Behind the ICT4D Lab」に、マンチェスター大学のICT4D修士コースを卒業したメンバー4名で「卒業生座談会」を配信しました〜!
タイトルとURLをコピーしました