tomonarit

保健医療

新型コロナウイルス対策とICT4D

ども、Tomonaritです。連日、新型コロナのニュースばかりですね。ICT4D Labメンバーの方々からコロナ絡みのICT4Dトピックを教えてもらったので、紹介したいと思います。 繰り返し利用可能なマスクを3Dプリンターで製造 ...
アカデミック

GoogleとFacebookがアフリカでAIを学ぶ修士コースを支援

ども、Tomonaritです。ICTWorksに Apply Now: FREE Masters Degree in Artificial Intelligence for Africans というタイトルで、アフリカでAIを学ぶマスター...
アカデミック

世銀のWorld Development Report 2021のテーマは「Data for Development」

ども、Tomonaritです。毎年世界銀行が出しているWorld Development Report(WDR)の2021年版のテーマは、Data for Developmentになるそうです。WDR2021の責任者であるPinelopi...
アナウンス

国際開発ジャーナルに掲載されました(2020年2月号)

ども、Tomonaritです。先月、国際開発ジャーナル(2020年2月号)に掲載してもらいました。「テクノロジーが拓く新地平 ~途上国の生き残り戦略~」という特集が組まれた号で、「こだわりの現場主義」というコーナーに登場させて頂きました。...
アフリカ

アフリカにおける第4次産業革命の可能性

ども、Tomonaritです。African Develpment Bank (AfDB)がアフリカにおける第4次産業革命(4th Industrial Revolution: 4IR)の可能性についての報告書「Potential of ...
イノベーション・新技術

AIやロボットに仕事を奪われるのは大人

ども、Tomonaritです。ICT4D関連での講演や授業をすることはちょいちょいあるのですが、2月15日(土)に中央区城東小学校というところで、父兄向けに「中央区家庭教育学習会:~2020年のプログラミング教育小学校必修化に向けて~」と...
イノベーション・新技術

国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その3)

ども、Tomonaritです。以前、投稿した「国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題」(その1)、(その2)の続編です。 今回は、国際開発を担うJICAのような援助機関に求められる役割について考えてみました。 1....
イノベーション・新技術

国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その2)

ども、Tomonaritです。先日の「国際開発分野でのオープン・イノベーションへの期待と課題(その1)」の続編です。イノベーションについては相変わらずモヤモヤしているのですが、ここ最近、偶然にも見聞きした以下いくつかのことから、少し考える...
アカデミック

タイガーモブ×神戸情報大学院大学のICT4Dセミナー(実施)からの・・・➡「ICT4D@アフリカをやることについて、どう社内で了承を得るか?プロジェクト」開始!

ども、Tomonaritです。今日(2月1日)、タイガーモブさんと神戸情報大学院大学が主催するイベントで模擬授業をやらせて頂きました。「言いたいことを絞り込む!」というプレゼンラボ三輪さんの教えを胸に刻みつつ、75分間の授業をしてきました...
セミナー・イベント

プレゼンの極意とは?

ども、Tomonaritです。年明け早々に早稲田大学で講義をする機会を頂き、1月7日に社会科学部の「国際開発制度論」という科目のなかで、大学3、4年生40名位を対象にICT4Dについての講義してきました。以下、プレゼン方法について気づきの...
タイトルとURLをコピーしました