フィリピンで「IT留学」!?

おはようございます、Kanotです。私の駐在・留学前の英語力アップに一番効果的だったと思ってるのは、ずばりマンツーマンのフィリピンSkype英会話(Bizmates, Hanaso, Skytalkなどを渡り歩いて来た)なのですが、最近はフィリピン(特にセブ島)で英語学習&IT教育を売りにした「IT留学」サービスが増えています。

私は「環境こそが人を育てる」と確信していて(というか私も追い込まれないとやらないので)、「プログラミング興味はあるけど経験ないし・・」とか「英語自信ないし・・」とか四の五の言わずに、こういうのに思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

例えば、私の知人がやっているIT留学でこういうものがあります。

【セブ島IT留学】グループ1000人以上!?グローバルIT企業フランジアが仕掛けるIT留学とは?

まず、IT留学とはなんぞやというと、以下のようなものです。

セブ島留学で「英語」を学ぶと同時に、「IT・プログラミング」の基礎知識についても留学中に学んでしまおう、という留学となっています。

英語とIT用語は互換性高いですし、まさに一石二鳥だと思います。Ruby on Railsなどの最新のプログラミング技術も学べますし、キャリアチェンジにはいいんじゃないかなぁと本気で思います。

提供コースは各社色々あると思うんですが、技術を中心に学ぶコース、語学を中心に学ぶコース、そしてITシステム開発全般を体験してみるコースもあるようです。

1ヶ月目には、2週間での基礎プログラミングの学習、1週間のプロジェクトマネジメントの学習、1週間のソフトウェアテストの学習をして頂き、実際のプロジェクトで仕事をする際に必要な基礎知識を「幅広く」身に付けて頂きます。

2〜3ヶ月目の2ヶ月は、フランジアの過去プロジェクトドキュメントなどから作成した仕様策定・ソフトウェアテスト、開発プロセスなどを参考にして頂きながら、ご自身のオリジナルプロジェクトを進めて頂く形になっています。

「語学力」と「IT力」と「追い込まれる環境」が揃っていて、私も学生時代や転職前にこういうのあったら行きたかったなぁと思います。オススメです!

より詳細を知りたい方はこちら => http://framgia.com/study-abroad/

(画像はリンク先ブログより抜粋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です