【セミナー】Blockchain for Development【第2回開催決定!】

こんにちは、Kanotです。2018年6月1日、6月13日に『Blockchain for Development 〜ブロックチェーンが開く国際協力の新たな可能性〜』と題してセミナーを開催することにになりました。以下がセミナー概要になりますので、ご興味ある方は、参加ご検討ください。私も途上国事例紹介で話す予定です。個人的にはトークンを実際に作ってみるというワークに非常に興味があります。

イベントページはこちらをどうぞ。
【満員御礼】第2回 6月13日(水)
【満員御礼】第1回 6月1日(金)

直接お申し込みの方はこちらからどうぞ。
【満員御礼】第2回 6月13日(水)
【満員御礼】第1回 6月1日(金)

—————-セミナー紹介—————
ビットコインなど仮想通貨の基盤となる技術として、メディアでも注目を集める「ブロックチェーン」。

意外にも、ブロックチェーン技術は、貧困の削減に貢献する技術として国際開発の分野でも注目されています。実際に世界銀行は昨年「ブロックチェーン・ラボ」を開設、他にも難民キャンプでも活用されるなど、開発の現場への導入も進んでいます。

日本では途上国におけるブロックチェーンの活用についての情報も少ないですが、当セミナーでは、「ブロックチェーンって何?」というところから、途上国における活用の可能性、さらに実際に手を動かしてトークンを作るところまで凝縮してお届けします。

▶︎セミナー概要(第1回)
日程:2018年6月1日(金) 18:00 – 20:20
会場:JICA本部 113会議室
定員:100名

▶セミナー概要(第2回)
日程:2018年6月13日(水) 19:30 – 21:30
会場:G’s ACADEMY TOKYO
定員:50名

▶︎プログラム(6月1日の場合)
18:00 – 18:10:オープニング
18:10 – 18:40:『ブロックチェーン入門』 – 高瀬俊明
18:40 – 19:10:『国際協力におけるブロックチェーンの活用事例』 – 狩野剛
19:10 – 19:20:休憩
19:20 – 20:20:ミニ・ワークショップ『トークンを作ってみよう』 – 高瀬俊明

※一部、予定が変更する可能性がございます。

▶︎持ち物
Google ChromeがインストールされたPC(Mac/Windows)
ポケットWiFiやスマートフォンのテザリングなどインターネットに接続できる機器
※上記の持ち物がなくても参加可能ですが、あれば実際に手を動かしてトークンを作ってみる練習ができます。

▶︎スピーカー
【高瀬 俊明】
株式会社ISSHO 代表取締役。1988年生。2016年にブロックチェーンと出会い、その可能性に魅了される。 ブロックチェーンを使ったプロダクトを作りたいと考え、Ethererum学習を開始。 ブロックチェーンシェアハウス「ゼニハウス」の住人でもある。現在はブロックチェーンを活用し、指輪にメッセージを記録できるサービス「ISSHO」を運営中。

【狩野 剛】
国際協力機構(JICA)で職員として働きながら、ミシガン大学情報学大学院の博士課程に在籍中(PhD Candidate, School of Information, University of Michigan)。研究分野は「ITが途上国の経済発展にどのように貢献しうるか (ICT for Development)」。ICT4D.JP代表。

▶︎モデレーター
【菊池 佳】
2008年よりコンサルタント・研究者としてアフリカ、アジア各国でODAや日本企業の海外進出支援に携わった後、2016年にDMM.Africaに参画しアフリカでの新規事業開発に従事。「ゼニハウス」主催の勉強会でブロックチェーンに出会い、国際協力における可能性を感じたことから、当イベントの企画を決める。

▶︎主催・サポート団体紹介
【Zeni House】起業家の家入一真氏がオーナーを務める、ブロックチェーンをコンセプトとしたシェアハウス。ブロックチェーン分野での起業家やベンチャーで働く人が集まっている。

【ICT4D.JP】
ブログ「ICT for Development. JP (https://ict4d.jp)」での、IT技術を活用した経済開発(ICT4D)に関する情報発信を中心に、講演、キャリア相談、企業アドバイス、執筆活動等を行なっている。

【タイガーモブ株式会社】
グローバルに活躍できる『次世代リーダー』を増やすべく、主に大学生・社会人のための新興国でのインターンシップ事業を行う。2016年の創業以来、アジアやアフリカを中心とした28ヶ国に1,000以上の海外インターン生を派遣。

 

“【セミナー】Blockchain for Development【第2回開催決定!】” への6件の返信

  1. ブロックチェーンを活用したWFPのBuilding Blocksに関してエッセイを書くなど、
    最近は開発におけるICTの取り組みに関心を持つ人間です。

    ぜひ参加したいのですが、残念ながら国外におります。
    可能であれば、録音しこちらのサイトに掲載するなどしていただくことは可能でしょうか?
    どうぞよろしくお願いいたします。

  2. すえさん、コメントありがとうございます。オンライン配信含めて検討中ですので、決まりましたら情報載せますね。そしてWFPに関するエッセイ、興味あります。ぜひリンクなど教えていただけませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です