急成長のアフリカTech Hub、なんと600拠点超え!

アフリカ

こんにちは、Kanot(狩野)です。2019年はTICADもあり、アフリカのICT関連の話題が多く取り上げられました。先日、アフリカのスタートアップに関する以下の記事を書きましたが、それと関連し、今回はアフリカのテック・ハブ、イノベーション・ハブについて書いてみます。

まず、Tech Hubとは、主にスタートアップや大学などの拠点として起業家・ビジネス支援をする施設のことで、Tech Hub、Innovation Hub、Incubation Centerなど、色々な呼び方がされています。Hubの大半は民間が運営しているもので、公営のTech Hubはわずか数パーセントです。

民営のTech Hubだと代表例はケニアのiHub、公営のTech Hubだと代表例はルワンダのkLabなどが挙げられるかと思います。両者とも、起業家のネットワーク拠点、助言を得る場所、出資者との接点、などといった役割があり、精力的に活動をしています。

私が2017年に3ヶ月、研究員としてお世話になったkLabもこの写真の通り、結構オシャレな場所です。

そんなアフリカのTech Hubですが、なんと2019年には618拠点という驚異的な規模に成長していることがわかりました(参照:GSMAのレポート)。その成長率、なんと前年比40%増です(2018年は442拠点)。詳しくは以下の図を見ていただくとわかりますが、トップ5は以下の国です。

  • ナイジェリア:85拠点
  • 南アフリカ:80拠点
  • エジプト:56拠点
  • ケニア:48拠点
  • モロッコ:31拠点

レポートでは、注目すべき点として以下の点が挙げられていました。

  • 4強はナイジェリア、南アフリカ、エジプト、ケニア
    ナイジェリア・南アの2強は変わらず。ケニアは東アフリカの拠点に、そしてエジプトはアラブ地域を繋ぐハブに。
  • カイロからカサブランカへ
    エジプトからモロッコまでの北アフリカの成長が著しい
  • フランス語圏アフリカはまだ始まったばかり
    これらの西アフリカ地域ではは、まだTech Hubの目立った成長はないが、セネガル、マリ、トーゴで10拠点を超えてくるなど、成長の兆しは見えてきている。

詳しいレポートの内容は以下のページをご覧ください。

618 active tech hubs: The backbone of Africa’s tech ecosystem | Mobile for Development
This blog has been co-authored by Dario Giuliani (Founder of Briter Bridges) and Sam Ajadi (Senior Insights Manager, Ecosystem Accelerator team). Technology eco...

いやぁ、来年もアフリカの勢いは要チェックですね。

ニュースレターはじめました。テクノロジーと国際開発(ICT4D)に関する新規ブログ記事・海外ニュース・イベント情報などを月1〜2回発信しています。以下フォームからご参加ください。詳細はこちら

Kanot
フォローする
アフリカ イノベーション・新技術 ビジネス
ICT for Development .JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました