携帯電話の普及が所得にあたえるインパクトとは?

tomonariのウガンダのニュースに続き、ICT4Dの宝庫、インドからMobile for developmentのニュースです。

インド国際関係研究所は先月、携帯電話の普及がインドの一人当たりの所得に与えたインパクトについてのレポート発表しました。

インドの各州の個人のGDPと携帯の普及率を調査したところ、”普及が10ポイント上がる毎にGDPが1.2ポイントあがる”ということが記述されている。これまでもたくさんのICT4D文献で携帯の効率性、や開発への効果が研究されてきた。このレポートの面白いところは、携帯の普及率とGDP拡大の相関関係は、”単なる”比例ではなく、その効果が十分に発揮されるには、普及率が一定量をこえることを条件としている。インドのマーケットにおいては、これは25%なんだそう。なるほど。。。

“携帯電話の普及が所得にあたえるインパクトとは?” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です