「ソーシャルファブ」、「モノのロングテール」、「途上国開発」

先日の勉強会で登壇いただいたハイパーネットワーク社会研究所の会津先生から、イベント紹介の連絡をもらいました。「ソーシャルファブ・カンファレンス2013 in Tokyo」(8月31日です。直前の紹介ですいません・・・)というもの。ソーシャルファブと途上国開発がどうつながるのか?という点について、ちょっと考えてみました。

これまでの物づくりは、基本的には工場とかある程度の施設・設備を必要としており、そのための投資を回収するには、それなりの大量生産をしないといけないということになります。なので、大量生産・大量消費ってモデル。それに対して最近は、3Dプリンターとか旋盤とかレーザーカッターといった工作機の値段が下がり、一般人でも利用できるようになってきました。そして、だれでも工作機を使える場としての工房も各地に出来つつあります(時間いくらとか1つの物を作るにいくらとかで、使用料を払えば使える)。そういった一般市民が使える工房の代表格が「ファブラボ」。日本にもあるし、世界中50カ国200カ所以上にあります(途上国も含まれます)。ファブラボの紹介として、スペインにあるDisseny Hub Barcelona (DHUB) が作成したアニメーションを以下にのっけます。

じゃ、途上国にそういった工房が出来たとして、どういう効果があるのか?
この点については、田中浩也さん(ファブラボ鎌倉)による本『FabLife – デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」』の中から以下の部分を引用させて頂きます。

“その土地に必要なものを、その土地の素材で、その土地の人が生産することができる。途上国においては、生産者となるための手段を提供することこそが、「もの」を提供することよりも大きな支援となる場合が多い。先進国では、大量生産、大量廃棄のデザインを成立させてきた文脈とは異なる新領域となってゆく。原発を稼働させるよりもソーラー発電へ、熱帯雨林の伐採から国産の間伐材の使用へ、輸入食材から地元の食材へ、といった循環型コミュニティが形成される中で、FabLabを通じた「デザイン」の地産地消も充分に考えられる。”

ただ、途上国においてモノづくりのために必要な設備(ハード)が気軽に使えるようになっても、設計とかの知識・技術(ソフト)がなければ、効果は出ないのでは?という疑問はあります。この点は上記のアニメーションにあるように、Webに公開されているオープンな図面等を引っ張ってくることが出来たり、SNSなんかでつながった先進国の技術者に依頼をするなど、「ソーシャル」なテクノロジーが補完してくれる可能性は期待できるんじゃないかと思います(というか期待したい!)。東京で設計した製品の図面がメールでエチオピアへ送られて、エチオピアで製造されて販売される、みたいな。

ちなみに、Fablab JapanのWebにガーナのFablabを訪問した様子がレポートされています。

もう一つ、「ロングテール」で有名なクリス・アンダーソン氏の本『Makers 21世紀の産業革命が始まる』もソーシャルファブをテーマにしており、そのなかで、「モノのロングテール」という言葉が使われています。この言葉、自分的には結構イイなぁと感じました。大量生産・大量消費・マス広告じゃなくて、その土地、その人に合った製品を作るというのは、途上国において彼ら自身が自国のマーケットを開拓する手段になりえる可能性を感じます。

そういえば、以前このブログでも紹介した「AMP Music」の取り組みは、「モノのロングテール」とアマゾンドットコムのような流通業のロングテールとを組み合わせているのだと思います。ケニアのスラムで若者が音楽を作る(CDを作る)のは、「モノのロングテール」的な要素を含むし(大規模な録音・編集スタジオがなくてもPCで編集もCD作成も出来るようになった)、それをiTunesで販売するというのは、流通・販売のロングテール的な要素を含んでいるのだと。

マンチェスター大学のHeeks教授が「ICT4D1.0からICT4D2.0へ」という表現で言っている「情報の発信者やシステムの作り手が先進国ではなく、途上国の人々になってきた」という現状と、上記で述べたモノづくりにおけるソーシャルファブの動きというのは、同じなんだと感じます。いずれも、「テクノロジーの力によって、途上国の人々が主役になれる機会が増えている」ということなんだと。

「ソーシャルファブ」はICT4Dって括りにはおさまらない大きなテーマですが、非常におもしろそうです。

“「ソーシャルファブ」、「モノのロングテール」、「途上国開発」” への8件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください