Blockchain for International Developmentコースに申込み!

ども、Tomonaritです。

ここ最近、ブロックチェーン×国際協力について勉強中ですが、そのなかで株式会社ソーシャルカンパニーの市川裕康さんが書かれている記事がとても面白く、勉強させてもらっていました。そして、その市川さんが「国際協力分野でのブロックチェーン活用講座」という投稿をしていました(是非、見てみて下さい)。

内容は、TechChangeという団体が提供している「Blockchain for International Development」という4週間のオンラインコースの紹介でした。

以下はそのTechChangeの創業者Nick Martin氏のプレゼンです。農業や保健医療分野でのICT活用など、ICT4Dに特化したオンラインコースを提供している点や、これまでのオンラインコースとは違う面白さを提供しようとしている点にとても魅かれました。

以前、このブログでも紹介したようにMITやLSEもブロックチェーンに関するオンラインコースを提供していますが、MITは3000ドル、LSEは1800英ポンドと、正直、お高い…。と思っていたら、このTechChangeのコースは495ドルと手の届く価格!

チョイ前に私は「世銀のWDR2016 Digital Dividendsをオンラインで学ぼう!」と思い世銀の提供するオンラインコースに申し込みました。コースは無料だったのですが、折角なら「Certificateをとろう!」と言う思いと自分自身のモチベーションをあげるために、オプションでCertificateを貰うために、5USD払ったのでした。

が、しかし・・・。

結局、途中で挫折してしまいました。意気揚々と申し込んだのにスイマセン…。

やはりモチベーションを維持するってのがとても難しいと我ながら実感しました。ICT4Dで重要なのはモチベーションですね、ホント。

でも、今回は市川裕康さんが「ぜひ国内で一緒に受講することにご興味ある方いらしたらご連絡お待ちしています」と書かれていたので、「同級生が居るなら」と思い、思い切って申込みしてみました!

リベンジです。今度は頑張ります!!

もし関心のある方は、是非、市川さんの記事を見てみて下さい。お得な情報も載っています!一緒に同級生になりましょう〜。

“Blockchain for International Developmentコースに申込み!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.